技術情報

最大試験荷重の求め方

1.最大試験荷重時の表面応力①

材料 硬鋼線・ピアノ線 オイルテンパー線 ステンレス鋼線
ばねの表面応力 N/mm²(τ0) TS×0.5 TS×0.55 TS×0.4
【備考】
  1. TS:引張強さ。
  2. この表面応力は許容ねじり応力である。
  3. 荷重を求める式
    ①この荷重はセッチング荷重でもある。
    ②最大試験荷重は、80%以下とする。
    荷重を求める式
    P:荷重(N)
    d:材料の直径(mm)
    D:コイルの平均径(mm)
  4. 荷重が密着荷重より大きい場合は、密着荷重とする。
  5. 銅合金線:TS×0.4、ただし黄銅線はTS×0.35とする。

2.最大試験荷重時の表面応力②

材料 SUP -6, -7, -9, -9A, -10, -11A, -12, -13
ばねの表面応力 N/mm²(τ0) 736N/mm²
【備考】
  1. この表面応力は許容ねじり応力である。
  2. 荷重を求める式
    ①この荷重はセッチング荷重でもある。
    ②最大試験荷重は、80%以下とする。
    荷重を求める式
  3. 荷重が密着荷重より大きい場合は、密着荷重とする。
  4. 硬さが461HBWより高い場合で、ショットピーニングを行ってるときは、表中のτ0の値を高くとってもよい。

技術情報

PageTop